INTERVIEW社員インタビュー

04

少しずつ役に立てている


その実感がやりがいに

KINOSHITA JUNE木下 樹音

  • 仕事内容に
    ついて

    私は大学で微生物を専攻していたので、歯車に関しては素人で、図面の見方も全く分かりませんでした。しかし、新入社員研修の中で、歯車の生産工程や図面の読み方について丁寧にサポートして頂けたので、今では工程や図面に困ることも減ってきました。
    苦労したのは、夏の暑さとの戦いと図面の見方に慣れるまでの期間です。大学では涼しい実験室にこもっていたので、作業着を着て真夏の工場で扇風機だけで検査し続けるのは大変でした。そんな中、少しずつ一人で出来ることが増え、周りの人の役に立てていると実感できることがやりがいになりました。

    スタッフの写真1
  • ビジョンに
    ついて

    来年の春ごろに受験を予定している「QC検定3級」に挑戦したいと考えています。先輩方や上司の方から沢山の参考書を貸していただいたので、応援して下さる方々の為にも合格目指して頑張ります!加えて、品証での検査中にさまざまな数式を用いるので、そちらの習得も今後の目標にしています。

    スタッフの写真2
  • ある1日のスケジュール

    スタッフのスケジュール スタッフのスケジュール
  • 学生の皆さんへひとこと

    歯車やラックに関して全く知識が無くても、一から学べる環境が整っているので、安心していらっしゃって下さい!わたしもゼロからのスタートでしたが、優しい先輩ばかりなので困った時にはいつでも相談できますし、助けてもらえます!一緒に成長していきましょう!!

ページの先頭へ