INTERVIEW社員インタビュー

01

研ぎ澄まされた感覚で


製品に想いをかける

MICHIYUKI OKA岡 達行

  • 仕事内容に
    ついて

    少量多品種での生産を行っているので、機械加工の段取りをその都度考えなければならないが、そこに達成感を感じています。また、手順通りだけではできないところや、音や肌触りといった感覚的な部分で行う作業があるので、その点苦労しますが、やりがいもあります。
    職場環境は、知識、技術力を持った社員が多く、社内での勉強会や様々な研修も積極的に実施し、人材育成にとても力を入れています。また、ソフトボール、ボーリング大会といったレクレーションや社内旅行と、他部署の方と接する機会も多いです。周りと打ち解けやすい環境であるとこは魅力の一つだと思います。

    スタッフの写真1
  • ビジョンに
    ついて

    将来は工場長を目指しているので、いま担当している機械以外にもフライス、旋盤などの加工にもチャレンジし、いろいろな視点で物事を見れるよう経験と積んでいきたいと考えています。

    スタッフの写真2
  • ある1日のスケジュール

    スタッフのスケジュール スタッフのスケジュール

    ※10:00〜10:10、15:00〜15:10の小休憩があります。

  • 学生の皆さんへひとこと

    これまで機械加工に携わったことがない方、歯車の知識がない方でも、会社が一からサポートしてくれるので、ものづくりに少しでも興味のある方はぜひ考えてみてください。また、工場見学も行っているので、実際にどんな加工をしているのか興味のある方は検討してみてください。

ページの先頭へ